社長あいさつ

社長あいさつ

皆さん、こんにちは。
このたび弊社神戸支店ホームページにお越しいただきましてありとうございます。

私は高柴商事株式会社の代表をしております、高柴元樹でございます。
現在の家作りは私が生まれ育った養父の田園の「家」と比べて、様変わりしてしまいました。

昔の家は今のような新建材といったものはなく、当たり前のように国産木材で作った家でした。家の中に入ると、必ず香っていた、木のにおい。シックハウスと言う言葉もなかった頃です。もちろん、気密性や断熱性には程遠い家でしたが、住めば住むほど味わいのある家でした。
最近では折からの健康ブームの影響で、無垢の家が増えてはきましたが、中には質の良くない木材を使用したり、また品質にあわない素材を高価に販売したりするところも少なくはありません。

私は現在に至るまで、住宅に関する様々な仕事を手がけてまいりました。本来の家作りとは何かを見つめなおしたときにたどり着いたのが国産の良質な木材を使用した家作りでした。


地域材を活かして地域の住宅を建てることは住宅供給の原点とも言われます。
この地域材を活用し、そこに住み心地のよさを工夫していくことが最高の家作りだと考えています。

スタッフは家作りのベテランがそろっておりますので、必ずお客様に対して最高のお家をご提供できることと確信しております。どうぞお気軽にご相談くださいませ。

社長あいさつ