長期優良住宅のメリット

長期優良住宅のメリット

長期優良住宅は、住宅ローン減税(住宅借入金等特別控除)において特別な控除率が適用されるため、一般の住宅に比べて最大で100万円程度多く控除が受けられます。 また、住宅ローン借入をせずに自己資金のみにて建築した場合でも、所得税から控除を受けられる「投資型減税」も創設されました。さらに、登録免許税、固定資産税、不動産取得税などにおいても優遇措置が設定されています。


税制優遇

1.住宅ローン減税(住宅借入金等特別控除)

一般住宅

居住年 ローン残高の上限 控除期間 控除率 最大控除額
2009年 5000万円 10年間 1.0% 500万円
2010年 5000万円 500万円
2011年 4000万円 400万円
2012年 3000万円 300万円
2013年 2000万円 200万円

長期優良住宅

居住年 ローン残高の上限 控除期間 控除率 最大控除額
2009年 5000万円 10年間 1.2% 600万円
2010年 5000万円 1.2% 600万円
2011年 5000万円 1.2% 600万円
2012年 4000万円 1.00% 400万円
2013年 3000万円 1.00% 300万円

2.投資型減税

自己資金にて建築した場合に所得税から控除できる制度です。 当該控除をしてもなお、控除しきれない金額がある場合には翌年分の所持税額から控除することができます。

・新築等の日から起算して、6ヶ月以内に入居した場合に限ります。

・その年分の合計所得金額が3,000万円を超える場合には適用されません。

入居時期 控除期間 標準的な性能強化費用
相当額の限度額
控除率
2009年6月4日~12月31日 1年間 1,000万円 10%
2010年1月1日~12月31日 (翌年繰越可)
2011年1月1日~12月31日 %#160;

3.「長期優良住宅」に関する各種税金の軽減措置

項目 長期優良住宅 一般住宅
国税 登録免許税 保存登記 税率 1.0/1000 税率 1.5/1000
移転登記 税率 1.0/1000 税率 3.0/1000
抵当権設定登記 税率 1.0/1000 税率 1.0/1000
地方税 不動産所得税 1,300万円控除 1,200万円控除
固定資産税(戸建) 1~5年目 1~3年目
床面積120㎡までが対象 1/2軽減 1/2軽減

金利優遇

フラット35利用時には、金利優遇があります。

※当初20年間年0.3%の金利優遇がある、【フラット35】S(20年金利引下げタイプ)を利用できます。

※【フラット35】S(20年金利引下げタイプ)とは・・・・
フラット35(民間金融機関と住宅金融支援機構が提携した長期固定金利の住宅ローン)をお申し込みのお客さまが、省エネルギー性、耐震などの要件を満たす住宅を取得される場合に、当初20年間のお借入金利について、年0.3%の優遇を受けることができる制度です。