長期優良住宅への取り組み

長期優良住宅への取り組み

長期優良住宅を簡単に言えば、「いい家をつくって、きちんと手入れして、その手入れも記録して、子どもや孫の代まで使おう」ということです。
そのためには、住まいの耐久性・耐震性・省エネなどの基本性能はもちろん、将来の家族構成の変化に対応する可変性や維持・メンテナンスのしやすさ。そして、住む人にも街並みにもずっと愛される家をつくりが必要です。


高柴 神戸では、国の「住宅の長寿命化への取り組み」を受けて、高品質で高性能な住まい作りを目指し、長期優良住宅への取り組みをしております。


※長期優良住宅認定の申請は、着工前に行う必要があります。詳しくは高柴 神戸にお問合せ下さい。