2010/11/03 日本最古のひのき発見

2010/11/03 日本最古のひのき発見

皆さん、こんにちは。
高柴商事神戸です。

皆さん、ご存知でしたか?
先日、奈良県にある世界遺産の元興寺で、日本最古のひのき材が見つかったことを。

詳しいニュース記事はこちら

今回「元興寺禅室・屋根裏探検」という、この飛鳥時代のひのき材を見る
ことができる企画に行ってまいりました。
一般公開は最初で最後だそうです。

10.23-1-DSC03035.JPG 10.23-2-DSC03030.JPG

元興寺は蘇我馬子が発願し、日本最初の寺院として建立された飛鳥寺を起源とし、
平城京遷都に際して移転してきた由緒あるお寺なのです。


10.23-4-DSC03000のコピー.jpg

係員の人について階段を登っていきますと、ありました、飛鳥時代、奈良時代、
鎌倉時代のひのき部材の数々が!!

10.23-9-DSC02998.JPG

出ました!
これが今回日本で一番古いと言われているひのき部材です。
なんと1400年前のものなのです。
今まで現存していることが本当に不思議ですね。

10.23-7-DSC02992.JPG
この梁は鎌倉時代のものです。

10.23-10-DSC02983.JPG

こちらは白鳳時代のものです。


写真では分かりにくいですが、本当にきれいな形で腐らず、虫にもくわれずに
現存しておりました。

国産材を使用して建てる家が本当の意味での自然住宅ではないかと、
強く思いました。

高柴の家は国産材を使用して家づくりを積極的に推進しております。

今回、たくさんの写真を撮ってきましたので、ご覧になりたい方は、
お気軽に事務所まで遊びに来てくださいね。