加湿機能付きエアコン

加湿機能付きエアコン

eacon.png

先日エアコン工事のご依頼を頂き、電気工の職人さんと共に施工を行いました。


新規に取り付けた機種はダイキン工業㈱【うるるとさらら】です。


ご存知の方も多いと思いますが、加湿機能のついたエアコンです。

この「うるるとさらら」ですが、多機能、高性能で非常に良い機種では有るのですが、取付の際に、ひとつ気をつけるポイントがあります。

それは「他の一般的なエアコンと比べて必要な配管が一つ多い」と言う事です。


それがどうかしたの?


と聞き返される様な事に思われるかもしれません。

しかし、私達施工者側にとっては、
「今までの管径(スリーブ穴等)では配管が通らない場合がある」
という注意が必要となります。
これにより準備するものや段取りが少しだけ変わるからです。

別段、作業的に難しい事では有りません。
今回お伺いしたお家も既存スリーブの管径ではサイズが合ないので、開口径を少し広げる作業を行い、無事スムーズに取付完了しました。^^

しかし、


これが【例えば】の話ですが、


配管が見えない様に壁の内部、天井裏などに埋め込む施工(隠蔽配管・隠蔽先行配管)等を行っているお家の場合、少し話が変わってきます。

隠蔽配管をされている場合、配管を隠す事に対して、例えば

・配管を見せずキレイな壁面で納めたい。

・本体や室外機を置くスペースが限定されており、収納や部屋内を配管が通ってしまうのを隠したい

等といった お家毎の「理由」が存在します。

これに対し、もし今ある隠蔽配管内の管径が小さい場合、既存の場所とは別の所に穴をあけて露出配管を行ったり、既存の管が有る壁を壊して配管をやり直す。等といった別の選択肢が派生する可能性が有り、配管を隠した理由をあきらめて頂かなくてはいけなかったり、通常よりも取付時に費用がかさんでしまうといった事態が発生したりするケースもありえます。

一般的にはご依頼が有った時点でに現地調査を行い、御見積段階で事前にお伝えする話なので特に問題は起きない事では有るのですが、
今後新築で隠蔽配管をお考えの方には、是非ご検討頂きたい項目ではあります。


この先、エアコンにどういった機能が追加されるのか想像も付きませんが、更に機能が増えていけば、管や線が増える可能性も有りますので、新築などの際に配慮していく必要のある事柄だと改めて感じました。


hiro