2011/03/31 "減築"で全てが解決

2011/03/31 "減築"で全てが解決

皆さん、こんにちは。
高柴商事神戸です。

前回のブログの続きです。

お施主様がご検討されたプランがあったのですが、ご家族構成や将来のご両親との同居
などを考えると、もっと違った発想のプランニングができると思い、高柴商事神戸としての
プランを出させていただくことにしました。

検討を重ねてご提出させていただいたプランのポイントは"減築"でした。

減築という言葉はリフォームなどでよく使用されますよね。
一般的に新築プランでは1階にすべてを詰めすぎて逆に使い勝手が良くなかったり、
住み心地が悪くなったりしがちなのです。

そこで思い切ってリビングになっている部分をなくしてテラスにしてみました。

ダイニングの縦の空間にボリュームを採り、1階のダイニングと2階のプライベート空間を結ぶ途中にリビングを
配置し視覚的にも床に段差をつけることで、プライベートゾーンを区切り、反面、パブリックなダイニングとの
距離を近づける効果をねらいました。これで沢山のゲストがみえた時にも、
ウッドデッキテラス⇔ダイニング⇔リビング
         ⇅
リビングの関連付けがTPOを自由に、合理的に使えます。そのため階段を2ヶ所設置しているのです。

506_04438_2.JPG

するとお施主様も感動していただいた、素晴らしい間取りができあがりました。

このプランは是非皆さんにみていただきたいのですが、プライバシーのこともあり、
控えさせていただきますが、是非ご覧いただきたいプランになりました。

お施主様からは「今からこの家に住むことにワクワクしています」と、本当に嬉しい
お言葉をいただきました。

お嬢様が思いっきり元気にこの家を走り回ってくれる風景が浮かんできますね。

私たちも大満足の楽しみなお家になると思います。

3.31-1-04307.JPG

減築したテラスの部分です。
明るさも採れ通風もよく、それぞれのプライバシーも確保でき、全てが解決の
間取りになりました。

3.31-2-04306.JPG

外観もシンプルなデザインで飽きのこない、かっこいい感じになりました。