柱番付け板 

柱番付け板 

古い家を解体され、新築を希望されている i様邸
現況図作成のため現地にて作業中昔の柱番付け板が見つかりました。
昭和のころまでは大工さんが柱、梁などをホゾ、継手などを刻むときの図面です。棟梁自ら作成して建てていました。
今の平面図、構造図みたいなものです。kR1063807.JPG
今ではプレカット機で刻んで運んできますが、昔は大工さんの作業場で手作業で加工していました。この板だけで家が建ちました。
すごいですね。
この番付け板がでてきたので、現況図作成には助かります。
   
       by  現場監督のひとりごと