外壁塗装工事 ( サイディングor木質羽目板)

外壁塗装工事 ( サイディングor木質羽目板)

竣工から10年過ぎのお客様から良く外壁塗装のお話が来ます。
サイディングの場合まずはコーキング材の劣化が始まります。
サイディングとサイディングの取り合いのところに
伸縮性のコーキング材のひび割れが始まります。そのあとにコーキングの切れが発生します。
そうなりますと外部から雨水の侵入となり躯体に悪影響が出てきます。サイディング下の防水シートがきちんと施工されていると大丈夫ですがそうでないと壁体内に侵入してしまいます。断熱材が濡れて断熱効果もなくなります。kR1064102.jpgkDSCN3151.jpgサイディングの内部に雨水が侵入し始めると表面に劣化が始まります。kRIMG0019.jpg

こうなるとサイディングの張り替えになります。
そうなる前にコーキングの打ち換え工事をお勧めいたします。
サイディングの再塗装の場合
サイディングの塗料も耐用年数によりいろいろあります。
アクリル系、ウレタン系、 シリコン系、 ラジカル制御型、 フッ素系 があります。
5~8年 7年~10年 10年から15年 13年から16年 15年から20年
kDSCN2654.jpg
木質の壁の場合 10年過ぎから表面の色が紫外線で焼けて黒くなります。kDSCN3495.jpg
専用の塗料で塗ります。今回はシルバーグレイ色に。
kDSCN3876.jpg
自然塗料で仕上げています。
塗膜を形成せず、天然ワックスの働きで優れた撥水性です。
ご希望の方は資料お持ちいたします。


by 現場監督のひとりごと。