ソーラーサーキットの家と一般的な高気密・高断熱の家との違い

ソーラーサーキットの家と一般的な高気密・高断熱の家との違い

エアコンが一日中必要な一般住宅

ソーラーサーキットの家と一般的な高気密・高断熱住宅の大きな違いは、夏の過ごし方にあります。

一般的な高気密・高断熱住宅の家は熱をためこむ性能そのものが夏には仇となり、窓から入る日射熱が家の中にこもってしまい暑くて仕方がない家になります。高気密・高断熱をうたっている家ほど、クーラーが長時間必要になるというジレンマが生じてしまいます。


できるだけエアコンに頼らない暮らし


このタイプの住宅は夏はクーラーで冷やせばよい、という対処方法をとっています。
ソーラーサーキットの家は外断熱と二重通気を組み合わせることにより、クーラーがなくても日本の伝統民家、町屋のような夏の涼しさを体感することができます。ソーラーサーキットの家は冷房しなくても外気よりも3~4度涼しくなるので真夏のトップシーズンだけ少しのクーラーを使えば涼しく過ごすことができます。

ソーラーサーキットの家と一般的な高気密・高断熱の家との違い