暑くて寒い日本に適した家づくり。 答えは、「ソーラーサーキットの家」にあります。

暑くて寒い日本に適した家づくり。 答えは、「ソーラーサーキットの家」にあります。

私たちが住む日本列島は、四季の気温差に加え、多雨多湿。家づくりには、たいへん厳しい環境です。そのような中で快適な住みごこちを確保するには、暑さにも寒さにも湿気にも強い家が求められます。


つまり、断熱性と通気性という矛盾した性能を両立させる、ということ。
私たちは、この難題を「外断熱」と「二重通気」という二つの技術を合わせることで解決しました。約20年前のことです。その結果、まるで家が衣替えをするように、夏さわやかで、冬あたたかい理想の家が誕生しました。この家を私たちは「ソーラーサーキットの家」と呼んでいます。