シックハウスについて

シックハウス症候群とは

この言葉、最近では知らない人はいないくらいに頻繁に耳にする機会が増えました。せっかくの新築やリフォームが完成した後、家の中にいるとのどの痛みや目の痛み、頭痛などさまざまな健康被害を発症してしまう方も少なくはありません。

また、男女別では女性に多く職業別では家事従事者など家にいる時間が長い人が半数を占めます。しかし病気としてのメカニズムも治療法も確立されておらず、いまだその定義は明確ではありません。

シックハウス症候群の原因

換気不足

住宅の高気密・高断熱化が進みましたが、換気対策が遅れたために、室内空気汚染の原因となってしまっています。計画換気の必要性への認識が不足しています。

建材から揮発する化学物質

化学物質を含有・添加した新建材が多用され、そこから揮発する化学物質によって室内空気が汚染されてしまっています。壁紙、接着剤、合板、塗料などあらゆる建材が室内空気汚染の原因になっています。

家具などから揮発する化学物質

じゅうたんやカーテン、家具からも化学物質は揮発しています。接着剤や難燃剤、防虫剤など様々な化学物質が用いられています。

ダニ・カビ

高湿度で結露を起こしやすい住宅では、ダニ・カビが発生しやすくなってしまいます。ダニやカビによるアレルギーなど、健康に悪影響を与えています。

体質の変化

アレルギー体質の人や化学物質に過敏な体質の人が増えています。またストレスなどの心理的要因なども、シックハウス症候群の原因ひとつではないかと考えられています。

高柴の家 シックハウスへの取り組み

シックハウス対策は必ず家をお建てになる前に行わなければなりません。
高柴の家では皆様の生活や環境を考え、使用する建材や内装材のアドバイス・提案を行っています。