フィトンチッドの持つ働き

フィトンチッドの持つ働き

樹木・植物はご存知のように光合成を行うことでエネルギーを得て成長していきます。
光合成は炭素ガスと水から炭水化物をつくり、酵素を放出します。そして樹木は二次的にフィトンチッドなどの成分を作り出すのです。


このフィトンチッドの働きは次の通りです。
1.他の植物への成長阻害作用
2.昆虫や動物に葉や幹を食べられないための摂食阻害作用
3.昆虫や微生物を忌避、誘引したり病害菌に感染しないように殺虫・殺菌を行う。


ひのきの土台は防虫剤や防腐剤などを使用しなくてもシロアリを寄せつけない効果があります。フィトンチッドの力により化学物質を使用しない家作りが可能になるのです。