森林や木が持つ不思議な力

森林や木が持つ不思議な力

森の中の空気はとてもさわやかですがすがしいですよね。
最近では健康のために森林浴をされる方も多くなりました。
森の中でしばらく歩いていると木々の緑の香りに気がつきます。この森林浴効果をもたらす香りの正体がフィトンチッドです。

フィトンチッドは森林の植物・樹木が自分で作り出している揮発性物質で、これを人間が浴びることを森林浴というわけです。
フィトンチッドは人のからだをリフレッシュさせてくれるだけでなく、抗菌・防虫・消臭など、さまざまな働きがあります。
森の中で動物が死んでも匂わないのはフィトンチッドの抗菌・消臭効果のおかげなのです。

また、フィトンチッドは言い換えれば、他の植物や菌を攻撃する作用もあります。
害虫や細菌などに対して強力な成長阻害作用を持ち、自分たちの木を守り勢力を拡大していくのです。

森林の中ではこのように激しい生存競争が展開されていますが、いつも喧嘩しているわけでなく、お互いに助け合って害虫から身を守り、共同で外部の敵に対して戦うのです。