2月2・3・9・10・11開催の完成見学会の見どころ

2月2・3・9・10・11開催の完成見学会の見どころ

250130_1DSC08906.JPG

こんにちは。高柴神戸です。

2月に行われます完成見学会ですが、是非ともこのホームページをご覧いただいている方々に
お越しいただきたいと強く願っております。

その理由は、"本物の住み心地の良さ"を体感していただけるからです。

見学会の場所は西脇市。
「日本のへそ」とも言われている、日本列島の中心部に位置するところです。
冬の寒さはかなりのものです。
1年で1番寒い2月に現場見学会を行いますので、ソーラーサーキットの性能を
じっくりと体感いただけるチャンスです!

見所はたくさんありますが、今日ご紹介するのは「蓄熱暖房器」です。

250130_5DSC08928.JPG

最近、高気密高断熱の家が増えてきて、この蓄熱暖房器を採用されている方が
増えているようです。

蓄熱暖房器とは、オール電化住宅の安い深夜電力を利用し、電熱線に通電して発生
させた熱を蓄熱して昼間は通電せず蓄熱した熱だけで部屋を暖める暖房器具なのです。

遠赤外線により、家全体がポカポカと心地よい暖がとれるのです。
寒いこの時期、是非ご体感してほしいですね。

この蓄熱暖房器は高気密高断熱の家でも換気システムの採用の仕方によっては効果が
発揮されないこともあります。
特に第三種換気を採用したお家では、よく部屋が暖まらない、という声も聞かれます。

次回は、換気システムについてご紹介したいと思います。

こちらのお家はソーラーサーキットのリフレアという最新式換気システムを搭載しております。
このシステムにより、住み心地のよさが最大限発揮されているのです。