坪単価について

坪単価という言葉

坪単価という言葉ほど家を建てるにあたって、耳にする言葉はありませんよね。しかしこの坪単価という言葉ほどあいまいに使われている言葉は他にはありません。通常、家の価格は本体+オプション価格+付帯工事費+諸費用+消費税です。一般的には本体価格を延べ床面積で割った数字が坪単価ということになります。
また、大きい建物ほど坪単価は安くなり小さい家ほど高くなる傾向があります。
そして大事なことは坪単価に自分が希望する床面積をかけた金額だけでは家に住める状態にはならないことを知っておかなければなりません。電気・ガス・水道の引き込み工事は付帯価格になるので電気がつかなかったり水が出ないわけです。また、住宅会社によってはバルコニーや玄関ポーチはオプション価格になっているところもありますし、コンセントの数や水道栓の数も最低ラインで見積もっています。特にローコスト住宅と呼ばれるところはその低価格につられて話をすすめたはいいのですが、実際好みの家にしようとするととんでもない価格になったという話も耳にします。
坪単価は住宅会社によって見解がばらばらなので参考程度にしておくことが大事です。

家を建てるのにかかる本当の金額

資金計画表

上記の表は家を建てるのにかかる全ての項目をあげたものです。
家を建てるには実にさまざまな項目があることをお分かりいただければと思います。
家を建てるにあたっては本体以外にいくらかかるかを計算してから話をすすめることが予算オーバーにならない秘訣です。
高柴の家では極力付帯オプションをいれた形で価格を出すようにしております。高柴の家ではお客さまの予算に合わせた細かい打ち合わせをしておりますので、是非お問い合わせをしていただければ幸いです。

高柴の家の価格

高柴の家は、ソーラーサーキットの家に限らずデザイナーズハウス、シンプルモダンな家、輸入住宅などお客様に合わせたフリー設計で対応しております。

これまで手がけたお家は努力に努力を重ねて、全て予算以内に納めてきた実績があります。
大手メーカーとは違い、数ある素材をお客様と打ち合わせを重ねて選び出し、本当に満足できるお家作りをしております。

是非一度ご相談していただければ、納得のいく打ち合わせができることと確信しております。