相続時精算課税制度

相続時精算課税制度

概 要 親から相続を受けた場合、年間110万円を超えると贈与税が掛かりますが、親が65歳以上、子供が20歳以上なら『相続時精算課税制度』が選択できます。
この制度を選択した場合、2500万円までの贈与であれば、その時点で贈与税が課税されず、相続時に相続税として精算課税される事になります。
(2500万円を超える分については20%の贈与税を支払えば済みます)
※住宅取得資金贈与の特例と併用して最大3500万円まで非課税とする事が出来ます。
締め切り 平成26年12月31日